読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行き当たりバッチリ

仕事疲れと休みの無さから来る罵詈雑言

動画撮らせて

Stillはフィルムカメラで行く、それはいい。

しかしMovieはどうだ?動画もフィルムでいくのか?

 

 

 違うでしょ、一眼ムービー全盛期の今日にハンディカムは不要。

ならば動画に強く、ファインダーがあり、ライカMマウントを付けられるデジタルカメラがいい。ボディ内手ぶれ補正があればさらにいい。

4K?おいおい、野球は3ストライクでアウトだ、3Kでだ、不要。

そこで候補に上がるのは自ずと絞られる。

センサーサイズの大きいミラーレス一眼。

 

 

 

などとブログを書いていたら降りる駅を3駅すっ飛ばしていた。

 

いや、ソニーかー……

スペックが凄いのは認めるけどもα99で痛い目に遭っている身としては手が伸ばしにくい。

何より高すぎ。

 

ーーーと、なればだ

 

 

 

 

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B

 

 どう考えてもシルバーでしょ!

見た目最高、何よりも富士フイルムの画像を体験してみたい。メーカー純正Mマウントアダプターもあるし。操作系がアナログなのもいい。

レンズは多分買わない。もしくは最悪キットレンズ。

さてここで問題になるのはシルバーが高いこと、センサーサイズがAPS-Cなこと、ボディ内手ぶれ補正が無いこと。

APS-Cで動画を撮るなら広角ズームが必要になってしまうなぁ。

手ぶれ補正に関してはスチルなら要らないけど動画にはやっぱ必要だ。

悩んで禿げそう。

その前にカメラを買うお金が無い。

男の48回払い。